池江璃花子が定義づけした『他人と仲間の違い』に…フォロワー「同意しかない」前日のレースでは失意の涙

引用元:中日スポーツ
池江璃花子が定義づけした『他人と仲間の違い』に…フォロワー「同意しかない」前日のレースでは失意の涙

 競泳の東京五輪女子代表・池江璃花子(22)が23日、自身のツイッターを更新。不本意に終わった前日の北島康介杯最終日の結果を受け、現在の心境を吐露した。

 「自分が調子いい時にだけ声をかけてくれるのは当たり前であり、他人。自分が調子悪くて落ち込んでる時に近くに居てくれるのが仲間であり、本当に大切にしたい人、大切にしてくれる人。そんな人達のために」

 池江は100メートルバタフライと50メートル自由形に出場。100メートルバタフライは予選で唯一の58秒台をマークしたが、決勝では後半に失速して4位に終わった。続く50メートル自由形でも最後に逆転を許して2位。その目から涙がこぼれるシーンもあり、この日は取材対応はなく会場を後にしていた。フォロワーからは「同意しかない」「応援しています」「ファンなので好不調は関係ないです!」など心温まるメッセージが届いていた。中日スポーツ

タイトルとURLをコピーしました