【競泳】本多灯が3冠 初の出場全種目制覇に「心の中でガッツポーズした」

引用元:東スポWEB
【競泳】本多灯が3冠 初の出場全種目制覇に「心の中でガッツポーズした」

 競泳の東京五輪男子200メートルバタフライ銀メダルの本多灯(20=日大)が3冠に輝き、最高の形で大会を締めくくった。

 北島康介杯最終日(22日、東京辰巳国際水泳場)の男子100メートルは、中盤まで世界選手権銀メダルの水沼尚輝(26=新潟医福大学職)にリードを許す展開だったが、終盤に逆転。51秒87で制し「勝ち切れて51秒台を出せたのは、100メートルのスピードが維持できていたからだと思う。少し進歩かな」と振り返った。

 今大会は200メートルバタフライ、400メートル自由形と出場した全種目を制覇。「強化できているところはできていると思うが、つなげるという部分で足りない」と反省点を口にしつつも「地味に全部優勝というのをしたことはなかった。達成したときに心の中ではガッツポーズをしていた」と初々しい表情を見せた。

 7月に福岡で開催される世界選手権に向けて、若きエースが順調に進化を遂げているようだ。東スポWEB

タイトルとURLをコピーしました