【競泳】本多灯が100メートルバタフライ優勝で今大会3冠達成「心の中でガッツポーズしました」

引用元:中日スポーツ
【競泳】本多灯が100メートルバタフライ優勝で今大会3冠達成「心の中でガッツポーズしました」

 競泳の北島康介杯最終日が22日、東京辰巳国際水泳場で行われ、男子200メートル個人メドレーは瀬戸大也(28)=CHARIS&Co.=が大会新記録の1分56秒72で優勝した。男子100メートルバタフライは、本多灯(21)=日大=が51秒87で制し、今大会の3冠を達成。昨夏の東京五輪の女子個人メドレーで2冠を獲得した大橋悠依(27)=イトマン東進=は、女子200メートル個人メドレーで2位だった。

 今大会3冠を達成した本多は、「地味に全部を優勝というのをまだしたことがなかったので、達成した時に心の中でガッツポーズしました」と笑顔で語った。メインは東京五輪で銀メダルを獲得した200メートルバタフライだが、この日の100メートルバタフライでは昨年の世界選手権銀メダルの水沼尚輝(新潟福祉医療大職)を抑えて、優勝。「勝てるときに勝って自信をつけないと。ちゃんと勝てて良かった」と振り返った。中日スポーツ

タイトルとURLをコピーしました