【競泳】瀬戸大也アジア新で200m平泳ぎ金 前人未到の400m個人メドレー6連覇へ弾み

引用元:日刊スポーツ
【競泳】瀬戸大也アジア新で200m平泳ぎ金 前人未到の400m個人メドレー6連覇へ弾み

<競泳:世界短水路選手権>◇16日◇メルボルン◇第4日

 男子200メートル平泳ぎで瀬戸大也(28=TEAM DAIYA)が、アジア新記録となる2分0秒35で金メダルを獲得した。

 自身が持つ短水路日本記録を0秒95更新。今大会では200メートルバタフライ銀メダルに続き、自身2個目のメダル獲得となった。

 今春から東海大の加藤健志監督の指導を受ける。16年リオデジャネイロ五輪女子200メートル平泳ぎ金メダルの金藤理絵さんを育てた名将から、この種目の足の使い方について助言を受けてきた。その効果が、明確な結果となって現れた。

 17日は史上初の6連覇が懸かる400メートル個人メドレーに臨む。4種目をこなすハードスケジュールの最後に組まれた本命種目。出国前には「パリ五輪に向けてのスタートだと思って、強い気持ちで6連覇に臨みたい」と話していた瀬戸。平泳ぎでの快記録達成を弾みに、個人メドレーで前人未到の偉業に挑む。

タイトルとURLをコピーしました