200m個人メドレーで瀬戸5位 世界短水路選手権、竹田は日本新

引用元:共同通信

 25メートルプールで争う競泳の世界短水路選手権は13日、メルボルンで開幕し、男子200メートル個人メドレーで前回王者の瀬戸大也は1分51秒39で5位だった。小方颯は8位。

 1500メートル自由形の竹田渉瑚は自身の短水路日本記録を更新する14分25秒95で4位となった。女子400メートル自由形の難波実夢も4位。200メートル個人メドレーで東京五輪2冠の大橋悠依は予選13位で決勝に進めなかった。

 400メートルリレーで男子はイタリアが3分2秒75、女子はオーストラリアが3分25秒43で優勝。ともに短水路世界記録を更新した。(共同)

タイトルとURLをコピーしました