瀬戸大也、200メートル個人メドレーは競り合いに敗れ2位「久しぶりにきつかった」【競泳】

引用元:中日スポーツ
瀬戸大也、200メートル個人メドレーは競り合いに敗れ2位「久しぶりにきつかった」【競泳】

競泳のジャパンオープン第3日が3日、東京辰巳国際水泳場で行われ、瀬戸大也(TEAM DAIYA)は男子200メートル個人メドレー決勝で最後の競り合いに敗れて2位。体調を崩してスピード練習を十分に積めなかったこともあり、「久しぶりにきつかった。スピードが全然出てなくて持久力もない。全体的にまとめて勝負できるかという感じだった」と受け止めた。

 400メートル個人メドレーで前人未到の6連覇を狙う世界短水路選手権(13日開幕、オーストラリア・メルボルン)に向け、「1週間、2週間で体も変わる。最後まで自分も気持ちを高めていきたい」と意気込んだ。中日スポーツ

タイトルとURLをコピーしました