本多灯が世界新で優勝…短水路200mバタフライで従来記録を1秒39更新

 競泳・日本短水路選手権第1日(22日・東京辰巳国際水泳場)――男子200メートルバタフライで本多灯(ともる)(日大)が世界記録を1秒39更新する1分46秒85で優勝した。男子200メートル自由形は松元克央(かつひろ)(ミツウロコ)が自身の日本記録を塗り替える1分41秒67で制した。男子1500メートル自由形では竹田渉瑚(オーエンス)が14分29秒92の日本新をマーク。女子100メートル平泳ぎは青木玲緒樹(ミズノ)が1分4秒01の日本新で優勝した。男子400メートル個人メドレーは瀬戸大也(TEAM DAIYA)が4分0秒70で勝った。

タイトルとURLをコピーしました