池江璃花子が東海道新幹線で5時間も足止め、翌日早朝に”再チャレンジ”も「動くの正午頃…確認すればよかった」

引用元:中日スポーツ
池江璃花子が東海道新幹線で5時間も足止め、翌日早朝に”再チャレンジ”も「動くの正午頃…確認すればよかった」

 競泳の東京五輪日本代表の池江璃花子が24日、自身のツイッターを更新。前日にJR東海道新幹線で5時間も足止めを食らい、移動できなかったことを明かした。

 どうやら東京駅から新大阪方面に乗ったようで「昨日18時前の新幹線に乗って、品川で5時間足止め。そこから運休という事で、結局帰ったけど、朝5時過ぎに東京駅来たら動くの正午頃って…確認すればよかったけど、、雨弱まるみたいだから希望を持ちたい」とつづった。

 フォロワーからは「体調不良などになりませんよう」「疲れをのこさないように気をつけて」などの声が上がっている。

 台風15号の影響で静岡県は記録的大雨となった。この影響で東海道新幹線は24日の12時ごろまで山陽新幹線との直通運転をとりやめ、東京駅~三島駅間、名古屋駅~新大阪駅間の折り返し運転を行い、天候が回復し、安全確認が取れ次第、運転を再開する予定にしている。詳しくはJR東海のホームページで確認を。中日スポーツ

タイトルとURLをコピーしました