走り高跳び極める→先生おらんらしい→バスケ部へ 実は指導者いた 滋賀・川真田紘也

引用元:4years.
走り高跳び極める→先生おらんらしい→バスケ部へ 実は指導者いた 滋賀・川真田紘也

今回の連載「プロが語る4years.」は、滋賀レイクスの川真田紘也(かわまた・こうや、24)です。2021年に天理大学を卒業後に滋賀へと進み、22年には日本代表候補に選出されました。4回連載の初回はバスケットボールとの出会い、城南高校(徳島)時代のお話です。

日本人ビッグマンには珍しい“陽キャ”

身長185cmを越える日本人男性は、全人口のうちたった1%程度しかいないらしい。気づけば人生の半分以上バスケを取材していると、そんな希少な人々と接する機会が普通の人よりもかなり多い自負があるが、身長が高ければ高いほど、コートを離れるとおとなしく、優しげで、控えめな人が増える印象がある。ただ立っているだけで多くの目を集める人生。言動や振る舞いでさらに目立とうだなんて考えもしないのだろう。

さて、今回の主役である滋賀レイクスの川真田紘也は、身長204cmの巨人だ。今回が初めての取材ということもあり、あちこち資料をあたってみたところ、クラブのグッズをPRするために「香水」を熱唱したり、トナカイのマネをしながらコートに入場したり、琵琶湖に浮いたゴザの上を激走したりと、コート外でも猛烈に目立っている。しかも昨シーズンの髪色は「ド」がつく金髪で、現在はなんとなんとの青髪。日本人ビッグマンには珍しい“陽キャ”に違いないと思い、「もともと目立つことが好きでしたか?」と本人にたずねると、「僕けっこう人見知りなんで、実は恥ずかしいんです」と意外な答えが返ってきた。

川真田はなぜ恥ずかしさをおして、オフコートで張り切るのか。

「僕がああいうことをやって、『あの選手面白いな』って思ってくれる人がおったら、そら嬉(うれ)しいやないですか。チームメートが笑ってくれるのも嬉しいし、こういうのをきっかけに『試合を見に行ってみよう』って思ってくれる人が1人でもいたら……って考えたら、吹っ切れてやれちゃうんですよ。金髪も、先輩に提案されてやってみたら『けっこうええやん』って思ったんで続けてました。ハハハ。どれも楽しいし、自分にプラスになってるものばかり。さらに、いろんな人がバスケに興味を持ってくれるきっかけになるんやったら、僕は全然ええなって思っています」

プロバスケ選手になって1年と少し。話を聞いていると、広報活動という言葉を「広告活動」だと勘違いしている節があるような“ひよっこ”だが、川真田はプロアスリートのプレー以外の存在価値を本質的に理解し、楽しんで身を捧げられる。身長だけでなく、そういった意味でも稀有(けう)な存在だ。

ルーキーシーズンの昨季は、出場27試合、平均1.1得点、1.0リバウンドという個人成績にとどまったが、豊富な運動量と強い体、そして接触を厭(いと)わないプレースタイルに夢を見る人は少なくないだろう。今シーズンのオフには初めて日本代表候補に選出され、トム・ホーバスヘッドコーチも「合宿に呼ぶ度にうまくなってる感じで、若いけれど面白い。何年かかるか分からないけど、すごくいい選手になりそう」と、川真田のポテンシャルを高く評価している。

タイトルとURLをコピーしました