パラ競泳・木下あいら、200個メと100自で日本新V…出場4種目で4連勝

 パラ競泳のジャパンパラ競技会は18日、横浜市の横浜国際プールで2日目が行われ、女子200メートル個人メドレー(知的障害)で木下あいら(フリー)が2分29秒24の日本新記録で優勝し、100メートル自由形(知的障害)も1分1秒73の日本新で制した。 16歳の木下は今大会、絶好調。初日も女子200メートル自由形(同)と女子100メートル背泳ぎ(同)で優勝し、出場4種目4連勝と勝利を重ねている。 男子200メートル個人メドレー(視覚障害SM11)は東京パラリンピック銅メダリストの富田宇宙(EY Japan)が2分29秒48の大会新で勝った。

タイトルとURLをコピーしました