【競泳】2冠池江璃花子が最後のインカレに涙「すごく寂しい気持ちと、良かったなという気持ち」

引用元:日刊スポーツ
【競泳】2冠池江璃花子が最後のインカレに涙「すごく寂しい気持ちと、良かったなという気持ち」

<競泳:日本学生選手権>◇最終日◇31日◇東京辰巳国際水泳場◇日刊スポーツ新聞社後援

 東京五輪代表の池江璃花子(22)が、最後のインカレを終えた。最終日は個人種目の女子100メートル自由形を54秒26で制し、初日の50メートル自由形との2冠を達成。さらに800メートルリレーでは第3泳者としてチームの苦境を打開し、銅メダル獲得に貢献した。白血病で入院していた1年時には、一時退院して応援にかけつけた思い出の大会。最終学年では、女子の主将としてチームをしっかりまとめ上げた。

   ◇  ◇  ◇

 第3泳者としてインカレ最後の出番を終えた。池江は水中から上がると、アンカーで同学年の小堀に懸命に声援を送った。3位でのフィニッシュを見届けると、仲間たち歓喜の抱擁を交わした。29日の400メートルリレーは4位、30日のメドレーリレーは5位。それだけに「メダルを取れると思っていなかった」と喜びをかみしめた。前日までの悔しさが晴れた。

 水泳界の名門・日大水泳部の仲間と戦うのはこれが最後。「すごく寂しい気持ちと、良かったなという気持ち」が交錯し、涙があふれた。

 最終日は1日2種目、予選も含めると計4レースのハードスケジュール。疲労が蓄積する中で、力を振り絞った。まずは女子100メートル自由形で、池本(中大)を0秒09振り切り切って優勝。初日の50メートル自由形に続く個人種目2冠を手にした。「日大として出る最後の個人種目。どうしても優勝したかった」

 800メートルリレーでは第3泳者として5番手で引き継ぐと、すぐさま4番手に浮上。3位近大とほぼ同じタイミングでアンカーにつなぎ、メダルへの足がかりをつくった。

 右足首を痛めた影響で、調整は万全ではなかった。大会出場を迷ったこともあったと明かしたうえで、「最後にインカレに出てよかったなと思えた」。闘病生活を送っていた1年時には、一時退院して会場から声援を送った。そこから復活を果たし、東京五輪にも出場。さらには女子主将として名門チームをけん引した。最後のインカレを終えて、「後輩たちに背中を見せられた」。その後ろ姿に、充実感が漂った。【奥岡幹浩】

 ◆池江の大学4年間◆

 19年4月 日大スポーツ科学部入学。白血病治療のため入学式は欠席。

 同9月 闘病中で不出場。一時退院を利用し3日連続で東京辰巳国際水泳場に駆けつけて応援。「今年は出られずに本当に悔しかったので必ずまたリベンジします」とコメント。白血病公表後初の公の場だった。

 20年8月 東京都特別水泳大会で594日ぶりにレース復帰。「すごく緊張した。第2の自分の水泳人生のスタート。自分のことだけど、感動した」。

 同10月 白血病からの復帰2戦目で、インカレ初出場(50メートル自由形=予選25秒87で全体6位、決勝25秒62で4位)。「今の状態では上出来です。悔しいですが、この気持ちが活力になっていく」。翌日には400メートルリレー予選に電撃出場。全体2位での決勝進出に貢献。

 21年4月 東京五輪の代表選考を兼ねた日本選手権で4冠を達成

 同8月 東京五輪出場。

 同10月 インカレ4日間で9レースを消化。800メートルリレーでアンカーを務め、大会新の8分0秒49で初優勝。日大女子は総合成績で2位に。「これが毎年できていたらすごく楽しかっただろうな」。大会後は次期女子主将に就任。「責任と誇りを持って、これからさらに成長し、結果を出していけるように頑張りたい」とコメント。

 【最終上位総合成績】▽男子(1)日大475.5点(2)明大394点(3)早大322点(4)近大318.5点(5)中大264点(6)中京大205.5点(7)日体大111点(8)慶大104点▽女子(1)中京大391点(2)神奈川大302点(3)東洋大269点(4)早大225点(5)近大222点(6)日大208点(7)明大183点(8)新潟医福大147.5点=以上次年度シード校

タイトルとURLをコピーしました