池江璃花子、自身初のインカレ2冠達成 0秒09差で制し感涙「最後、皆の顔を思い浮かべながら泳いだ」

引用元:スポーツ報知
池江璃花子、自身初のインカレ2冠達成 0秒09差で制し感涙「最後、皆の顔を思い浮かべながら泳いだ」

◆競泳 ▽日本学生選手権 最終日(31日、東京・辰巳国際水泳場)

 女子100メートル自由形決勝が行われ、日大4年で女子主将の池江璃花子(ルネサンス)が、54秒26で優勝。初日の50メートル自由形に続き、インカレでは自身初の個人種目2冠を達成した。

 前半を2位で折り返すと、残り20メートルでトップに立った。センターレーンを泳ぐ200M自由形の覇者・池本凪沙(中大2年)の猛追も振り切り、0秒09差で勝利。優勝インタビューでは「日大で出れる最後の個人種目だったので、どうしても優勝したくて。去年は金メダル1個しか取れず、今年は最後タッチで負けるかなと思ったけど、最後タッチまで、みんなの顔を思い浮かべながら泳ぎました」と歓喜の涙を流した。

 1年生の時は白血病の治療中で、一時退院して応援に来たインカレの舞台。残すは女子800メートルフリーリレー決勝だ。今大会10レース目はインカレラストレース。日大の女子主将として泳ぎ切る。「大学4年間、すごい辛いこともあったし、悔しいこともあったし、それでもこうやってチームメイトが最後まで応援してくれたり、頑張れたのはこの水泳部だったから。感謝しかないです。(リレーは)何番でもいいので、楽しんで最後は終わりたいなと思います」と意気込んだ。報知新聞社

タイトルとURLをコピーしました