競泳・本多灯 メドレーリレー制しインカレ3冠達成 5冠のチャンスに「タイムよりも勝つこと意識」

引用元:日テレNEWS
競泳・本多灯 メドレーリレー制しインカレ3冠達成 5冠のチャンスに「タイムよりも勝つこと意識」

◇第98回日本学生選手権水泳競技大会(28日~31日、東京辰巳国際水泳場)

東京五輪200mバタフライで銀メダルを獲得した日本大学の本多灯選手が今大会3冠を達成しました。

この日の最終種目である400mメドレーリレーに出場した、本多選手。第3泳者としてバタフライを担当する本多選手は、1位と0秒33差の3位でスタート。前半の50mは差が縮まらず、3位のままターンします。

しかしここで本多選手が本領発揮。得意のドルフィンキックで他の選手よりも長い時間水中を潜って進むと、浮き上がってきた時点で、すでに逆転し、1位に。その後も力強い泳ぎを見せて、2位に0秒64の差を付けてアンカーであるキャプテンの石崎慶祐選手へ引き継ぎます。

そのまま逃げ切った日本大学が優勝。本多選手は2日目の200mバタフライ・400mフリーリレーに続いて、3冠を達成しました。

チームを勝利に導く快心の泳ぎでしたが、レース後本多選手は「後半焦って空回りした。もう少し離したかった」と反省のコメント。「みんなに助けられました」とチームメートに感謝しました。

翌日の31日には400m個人メドレーと800mフリーリレーに出場予定で“5冠”の可能性もあります。「5冠のチャンスがあるので、タイムよりも“勝つこと”を意識して、気を引き締めて今大会を締めくくりたいと思います」と本多選手。今大会、すべての出場種目での完全勝利を目指します。

タイトルとURLをコピーしました