谷川亜華葉が初インカレで決勝進出「空気が楽しい感じ」競泳・日本学生選手権

谷川亜華葉が初インカレで決勝進出「空気が楽しい感じ」競泳・日本学生選手権

 「競泳・日本学生選手権」(30日、東京辰巳国際水泳場)

 女子200メートル個人メドレー予選が行われ、6月の世界選手権(ブダペスト)後初の実戦となった近大1年の谷川亜華葉(あげは)=イトマン近大=が、2分17秒55の全体7位で決勝に駒を進めた。

 前半100メートルを組3位で折り返すと、感覚を確かめるように丁寧に泳いで、フィニッシュした。初出場となった日本学生選手権には「空気が楽しい感じ」とにこり。午後の決勝に向けて「楽しむようにして順位にこだわっていけたら。1点でも多く近大に点を取れるように頑張りたい」と力を込めた。

 世界選手権で負傷した右肩については「引きずっている部分はある」と話した。

タイトルとURLをコピーしました