【陸上】ドキュメント/悪天候も打ち消した福井の夏 笑顔が生み出したもう一つの“奇跡”

引用元:月刊陸上競技
【陸上】ドキュメント/悪天候も打ち消した福井の夏 笑顔が生み出したもう一つの“奇跡”

今年も『9.98スタジアム』はたくさんの感動と笑顔で溢れた。今回で4回目となったAthlete Night Games in FUKUI。初開催だった2019年には日本新記録が3個誕生し、“奇跡の夜”と呼ばれ、夏の風物詩の大会となった。

豪雨に加えて雷鳴もとどろく。あいにくの悪天候だったが、そんな中でも選手たちが好パフォーマンスを披露した。7月に行われたオレゴン世界選手権の日本代表も15人が出場。福井の夜を盛大に湧かせた。

迫力満点のフィールド種目

オープニングセレモニーは15時開始予定。だが、その前に雷雨はどんどんと強くなっていった。最初の種目だった男子やり投のウォーミングアップも始まっていたが、一時中断。クラウドファンディングのリターン席である芝生にいた観客も軒下に避難し、天候が落ち着くのを待つ。

雨が止んだ16時。曇り空のなか、1時間遅れでオープニングセレモニーがスタートした。選手が前日練習をしている様子や、地元・敦賀高陸上部の生徒が事前に撮影した映像が大型スクリーンに映し出される。いよいよ始まる――。さらにワクワク感が大きくなった。普段の大会では見られない映像に、観客もスクリーンに釘付け。スタジアムDJが盛り上げて音楽を流し、会場の雰囲気も高揚していった。

過去3大会で行われていたトラック種目と男子走幅跳に加えて、今回は男子やり投と女子走幅跳を実施。初の投てき種目となったやり投では、世界選手権代表のディーン元気(ミズノ)からの提案もあり、選手と同じテントにクラウドファンディングのリターン席を作った。ウォーミングアップから競技中まで、すべての時間を選手と同じ目線で観戦。観客は迫力と好パフォーマンスに圧倒されていた。

「真横に観客の方がいたので、会話をしながら競技していました」とディーン。近くで見ていた子供とコミュニケーションも取ったという。「雨の中でもこれだけの人が集まり、楽しかったです」。選手、観客がともに楽しめる空間だった。

フィールド種目特有の、選手が助走で観客に手拍子を求めるシーン。観客が手拍子をしやすいように、録音済みの手拍子の音を流して選手を後押しした。記録が表示されると、口笛や拍手の音が流れて選手も見ている側も気分が昂まる。新井涼平(スズキ)が今季日本最高となる82m99を投げた際には、会場全体のどよめきと拍手は一段と大きくなった。

やり投から、トラック予選、走幅跳、トラック決勝という順で進む。インフィールド席の観客は、その都度場所を移動。実施するのは1つだけで、その種目だけを楽しめるようになっているのもこの大会の魅力だ。

大会の特徴の一つが「生解説」。トラック、走幅跳、やり投に分かれて選手のパフォーマンスを場内のスピーカーで解説する。北京五輪4×100mリレー銀メダリストの髙平慎士氏(富士通)、大阪・清風高の坂部雄作先生、中京大の田内健二監督がそれぞれ担当。場内解説陣は選手の小ネタや、愛のある技術的指摘を挟み、それを聞く選手本人にも笑顔が見られた。今回は大会の様子を動画アプリで配信。解説は、ロンドン五輪4×100mリレー銅メダルメンバーの藤光謙司氏が務めた。

タイトルとURLをコピーしました