小中高278人が水泳で交流、ボード立ち乗り体験も…B&Gスイマーズフェス

 B&Gスイマーズフェスティバル(ブルーシー・アンド・グリーンランド財団主催、読売新聞社など後援)が20日、東京都江東区の東京辰巳国際水泳場で開かれた。日本パラ水泳連盟所属の7人を含む小中高生278人が、種目別のレースなどを通じて交流を深めた。 レース後、シドニー五輪100メートル背泳ぎ銀メダルの中村真衣さん(43)らが泳ぎを披露。水上でボードに立ち乗りするSUP(スタンドアップパドルボード)の体験会もあり、青森県鶴田町の成田海翔(かいと)君(12)は「板の上だと水の感覚がまるで違う。楽しかった」と話していた。

タイトルとURLをコピーしました