競泳メドレーリレーで日大豊山、残り50mで逆転V…「すばらしいスポーツ」と感極まる

 競泳の最終種目となった男子400メートルメドレーリレーで、日大豊山が優勝し、学校対抗得点でも前日までの2位から1位となり、有終の美を飾った。 第3泳者の光永翔音選手(2年)がバタフライで追い上げ、直前の100メートル自由形で優勝している松井理宇選手(2年)に2位でつなぐと、残り50メートルで逆転。そのまま逃げ切った。 光永選手はレース後、「絶対にリレーで勝ち、学校対抗で総合優勝するという強い気持ちで頑張った。たくさんの仲間のサポートで成り立つ競泳は、すばらしいスポーツだと感じた」と感極まった様子で話した。

タイトルとURLをコピーしました