馬淵優佳 ミスなし独走V 2児の育児と練習両立 大也と夫婦五輪の期待

馬淵優佳 ミスなし独走V 2児の育児と練習両立 大也と夫婦五輪の期待

 「飛び込み・日本選手権」(7日、日環アリーナ栃木)

 非五輪種目の女子1メートル板飛び込みは、競泳の瀬戸大也の妻で、元世界選手権代表の馬淵優佳(27)=ミキハウス=が242・90点をマークし、2015年以来7年ぶり3度目の優勝を果たした。現役復帰から約9カ月での返り咲きV。

 馬淵は長身を生かした美しい飛び込みで得点を重ねた。5本全ての演技をミスなくまとめ、首位を独走。復帰から約9カ月という驚異のスピードで、日本の頂点に返り咲いた。

 ただ、5日の3メートル板飛び込みで、馬淵より上位の世界選手権銀メダルの三上紗也可ら3選手が出場していなかったこともあり、「もっとダイナミックな演技をすることが目標だった。喜びよりも悔しい気持ちが大きい。次に向けて頑張る糧にしたい」と浮かれることはなかった。

 17年5月に瀬戸と結婚。同年8月に一度引退したが、出産を経て21年12月に現役復帰した。現在は栃木県を拠点に2児の母として育児と、週5~6日の練習を両立している。今大会の結果に、玉井陸斗のコーチで父の崇英氏は「日頃の苦労も頑張りも、一つの結果としてよかった。これからも親として応援したい」と、娘の活躍に顔を緩めた。

 今後は24年パリ五輪出場の可能性を広げるために、新技の挑戦やシンクロ板飛び込みにも力を入れる方針。夫婦同時出場にも期待がかかるが「自分にとってまだまだ壁が高くて厚い。結果的に一緒に出られたらという思いもあるが、周りのサポートのおかげで自分のやりたいことができている。何か結果として皆さまにお見せできたら」。着実に1歩ずつ完全復活へと向かっていく。

タイトルとURLをコピーしました