馬淵優佳、7年ぶりに日本一返り咲き! 現役復帰から9か月、日本選手権で3度目のV

引用元:スポーツ報知
馬淵優佳、7年ぶりに日本一返り咲き! 現役復帰から9か月、日本選手権で3度目のV

◇水泳 飛び込み 日本選手権最終日(7日・日環アリーナ栃木)

 女子1メートル板飛び込み決勝が行われ、元世界選手権代表で昨年12月に現役復帰した馬淵優佳(ミキハウス)が、242・90点で優勝。2015年以来7年ぶりに出場した日本選手権で、復活Vを果たした。

 1本目からトップに立つと、5本を安定した演技でまとめた。馬淵の日本選手権優勝は、2015年のこの種目以来3度目。今大会は、初日に女子3メートル板飛び込みにも出場し4位。273・60の現役復帰後自己ベストをマークし、健闘していた。

 2017年に競泳・瀬戸大也(TEAM DAIYA)と結婚後、一度は現役を引退。二児の母となり、昨年12月に現役復帰した。2024年パリ五輪出場を目指し、現在は週に5~6日、1日約6時間の練習をこなす。育児と競技を両立しながら、1メートル板は非五輪種目ではあるものの復帰後約9か月で日本一に返り咲いた。馬淵は来年7月の世界選手権(福岡)代表入りを目指し、来春の代表選考会に出場する。報知新聞社

タイトルとURLをコピーしました