【ツール・ド・フランス2022 レースレポート:第21ステージ】ヨナス・ヴィンゲゴーがマイヨ・ジョーヌ初戴冠! 最後の最後までチーム一丸の勝利を示す「もっと、もっとツール・ド・フランスで勝ちたい」

引用元:J SPORTS
【ツール・ド・フランス2022 レースレポート:第21ステージ】ヨナス・ヴィンゲゴーがマイヨ・ジョーヌ初戴冠! 最後の最後までチーム一丸の勝利を示す「もっと、もっとツール・ド・フランスで勝ちたい」

最後までチームの勝利であることを示し続けた。マイヨ・ジョーヌがただひとり前を行くのではなく、最後まで残った4人の仲間と並列に。さらには、途中で去った仲間のゼッケンを掲げて。13番は“きっちりと”逆さにするチームメートへの配慮までしてみせて。雨のコペンハーゲンで始まったツール・ド・フランス2022は、隣国ベルギーやスイスにも足を延ばし、ときに熱波に苦しめられながらも、“フランス一周”の旅を終えた。切り離されることなく走り続けられた135人の勇者たちが、パリ・シャンゼリゼに帰還を果たした。前日の個人タイムトライアルで個人総合争いは決着しており、アルプスとピレネーそれぞれで強さを発揮したヨナス・ヴィンゲゴー(ユンボ・ヴィスマ)が初優勝。シャンゼリゼ通りに設けられたポディウムで、エトワール凱旋門をバックにマイヨ・ジョーヌを正式に戴冠した。「自分でもすごいことをしたと思っているよ。ツール・ド・フランスに勝ったんだ! もう、これから何だってできるような気がしているよ。」(ヨナス・ヴィンゲゴー)いつも通り、パレード走行で始まった1日。個人総合争いはもう終わっているし、他の賞レースも受賞者が決定している。なのに、マイヨ・ヴェールがファーストアタックを打っているではないか! チェックに行っているのはマイヨ・ブランとマイヨ・ジョーヌ!?というのは、最終日のパレードならではのパフォーマンス。今大会の主役となった3人のショーなんて、こんな贅沢もうできないかもしれない! ヴィンゲゴー、ワウト・ファンアールト(ユンボ・ヴィスマ)、タデイ・ポガチャル(UAEチームエミレーツ)、2022年大会を語るうえで外せないスーパースターが魅せてくれたのだ。観る側も楽しまなくちゃ!そんなワクワクに満ちたパレードでは、チャンピオンチームであるユンボ・ヴィスマの選手たちによる記念撮影も。もちろん中心にはマイヨ・ジョーヌがいるけれど、彼だけが目立つのではなく、みんなが横一列に並び、途中離脱となったプリモシュ・ログリッチ、ステフェン・クライスヴァイク、ネイサン・ファンホーイドンクのゼッケンも掲げる。頂点へあと一歩まで行きながら届かなかった一昨年から始まった、ユンボ・ヴィスマのツールでのリベンジロードは、ついに終着地へ。みんなでたどり着いた高みであることを、パリまで残った5人が体現した。

タイトルとURLをコピーしました