婦人科で「子宮がおばあちゃん」と言われた元競泳選手・寺村美穂。現役引退後も「正常に生理がこなくなるのが怖い」

婦人科で「子宮がおばあちゃん」と言われた元競泳選手・寺村美穂。現役引退後も「正常に生理がこなくなるのが怖い」

寺村美穂インタビュー前編

 競泳200m個人メドレーで、リオ五輪、東京五輪と2大会連続で出場した寺村美穂。166cmと競泳選手としては決して大きくない身体ながら、ダイナミックかつ滑らかな泳ぎで、日本選手権を2度制し、アジア大会では2度メダルを獲得した。そんな彼女が昨年9月、26歳で現役生活にピリオドを打った。充実かつ苦難に満ちた25年間の競泳人生を振り返ってもらった。

ふつうの女子よりパンチは強い

――引退後、どのような活動をされてきましたか。

 水泳を25年間やってきて、そこで学んだことをみんなに伝えていけたらいいなと思っています。水泳を知ってもらうのはもちろん、スポーツの楽しさも伝えていくために、イベントや講演会を中心に活動しています。今は子どもたちに泳ぎを教えるのがメインなんですが、水泳でもなんでもいいんですけど、頑張れるものを何か見つけてくれるとうれしいなと思っています。

――ボクシングを始めたということですが。

 ボクシングは今年からやり始めました。これまで毎日泳いでいたので、いきなり何も動かなくなるのはよくないなと思ってボクシングを選びました。食べるのが好きなので、ダイエットも始めた理由の一つですね。何もしなかったら、太っちゃいますから。

――選手を目指しているわけではなかったんですね。

 それは目指していないです(笑)。でもふつうの女の子よりは、パンチは強いと思います。ボクシングって体幹をすごく使っているんですが、アスリートでないとなかなか体幹の使い方って難しいんですよね。私は体幹を意識して動くことはわかっているので、体幹を使って打てていると思います。動き一つひとつにこだわってしまって、脇がしまってないなとか、形がかっこ悪いなとか、そこを考えてしまうのが、アスリートの癖なのかなと思っています。2度の手術を経験

――昨年9月、26歳での引退となりました。どんな競技人生だったと思いますか。

 本当に恵まれていたなと思います。ほかの人にはない辛い経験もあったのかなと思いますが、結果的にすべてプラスになっていると感じています。五輪に2度出場できましたし、最後はいい方向に向かったので、辛かったことも全部必要だったんだなと思います。環境面でも、周りの人にも恵まれていました。

――輝かしい成績を残しつつも、苦難もありました。2度のヒザの手術とリハビリ。先が見えないなかで、どのような気持ちが自分を支えていたのでしょうか。

 先のことよりも、今をどう乗り越えようかとしか考えていなかったです。マイナスな気持ちにはならず、手術を乗り越えれば、絶対に結果が出ると思っていました。手術後には、まったく自分の足ではない感覚になってしまうんだろうなという気持ちがありましたし、手術前の泳ぎに戻れるのかなという不安もあったんですけど、水泳を辞めようかなとは思いませんでした。

――泳げなかった期間はどんなことを感じていましたか。

 本当に悔しかったです。同年代の人たち(※)のレベルがすごく高かったので、その人たちのなかから外れたくない、ずっとその場にいたいという気持ちがありました。たくさんの方がお見舞いに来てくださったので、その人たちに対して全力で向き合おうという気持ちもありました。家族も含め周りの方々も、私のやることを見守ってくれていたからこそ頑張れたと思っていますし、感謝の気持ちを持てたと思います。※94年生まれ:寺村美穂、瀬戸大也、萩野公介など/95年生まれ:大橋悠依など

タイトルとURLをコピーしました