AS予選は24年世界水泳に変更 パリ五輪に向け

引用元:共同通信

 国際水連は18日、2024年パリ五輪の予選方式を更新して発表し、アーティスティックスイミング(AS)の予選対象となる世界選手権が来年7月の福岡大会から24年2月のドーハ大会に変更となった。チームの五輪出場枠は10で、各大陸別選手権王者の5チーム(開催国フランスは欧州代表に決定)と、ドーハ大会の成績上位5チームが獲得する。

 競泳のリレー種目は福岡大会の上位3チームが出場枠を手にし、ドーハ大会で残り13の枠を争う。飛び込みの個人種目は、福岡大会とドーハ大会それぞれに12の出場枠が懸かる。水球とオープンウオーターも両大会の上位などに枠が与えられる。(共同)

タイトルとURLをコピーしました