入江陵介「悔いなく泳ぎ抜きたい」…パリ五輪に向け現役続行を表明

 競泳男子背泳ぎの入江陵介(32)(イトマン東進)が12日、2024年パリ五輪に向けて現役を続ける意思を表明した。自身のSNSに「現役として過ごすパリ五輪までの2年間を悔いなく泳ぎ抜きたい」とつづった。 入江は12年ロンドン五輪で男子200メートル銀など三つのメダルを獲得。昨年の東京五輪で4大会連続出場を果たし、先月の世界選手権(ブダペスト)では男子100メートルで7位に入った。

タイトルとURLをコピーしました