飛び込み・馬淵優佳は精彩欠き28位 関東選手権

飛び込み・馬淵優佳は精彩欠き28位 関東選手権

 「飛び込み・関東選手権」(3日、山新スイミングアリーナ)

 女子3メートル板飛び込み決勝が行われた。昨年12月に現役復帰した元世界選手権代表の馬淵優佳(27)=ミキハウス=が154・05で28位だった。

 24年パリ五輪を見据え、復帰前の現役時より5本中3本の技の難しさを上げて臨んだ今大会。2本目の5152B(前宙返り2回転半1回捻り自由形)で踏切が乱れ、大きく水しぶきを上げると、その後の演技でも精彩を欠いた。

 17年5月に競泳の瀬戸大也(TEAM DAIYA)と結婚。18年6月に第1子、20年3月に第2子を出産した。21年12月に石川県で行われた大会で電撃復帰。4月にミキハウスに入社し、現在は栃木県を拠点に育児と、週5日の練習を両立させる。

 4年10カ月ぶりの公式ルール大会となった関西選手権では、1メートル板飛び込み、同3メートルで優勝して2冠を達成。日本選手権(8月5~7日、栃木・日環アリーナ)の参加標準記録も突破し、出場を決めている。

 馬淵が日本代表に返り咲くには、日本選手権12位以上で出場できる、翌年2月の選考会で2位以上の成績を収める必要がある。

タイトルとURLをコピーしました