池江璃花子「専門以外の種目は難しい」“ひとりレース”で珍事 スタートレーン間違える【競泳・日本大・中央大対抗戦】

池江璃花子「専門以外の種目は難しい」“ひとりレース”で珍事 スタートレーン間違える【競泳・日本大・中央大対抗戦】

競泳の日本大学・中央大学対抗戦が2日、東京辰巳国際水泳場で行われ、日本大学の女子キャプテンを務める池江璃花子(21)は、400m自由形に出場。女子の出場選手が池江1人だったため、10レーンある50mプールを1人で泳ぐ形に。スタート直前にはレーンを間違えるハプニングがあった。

池江は笛の合図でスタート台に立ったが、誤って隣のレーンのスタート台に上がってしまうミス。競技役員に声を掛けられ、本来のレーンで位置についた。仕切り直して飛び込むと、横を泳ぐライバルがいない中、自分のペースで泳ぎきった。タイムは4分21秒70だった。50mや100mなど短距離種目を得意とする池江は「きつかったし、周りがいなかったのでどのくらいのペースで泳いだらいいか分からなかった。やはり専門以外の種目に出るのは難しい。400m自由形は引退でいいかな」と苦笑いだった。

今年池江が代表に選ばれていたいたワールドユニバーシティゲームズ(6月)、アジア大会(9月)はともに延期。「悔しい気持ちはあったが、ここまで夏に強化できる年はこの先ない。今年はコツコツ積み上げて、悔しい気持ちをいつか国際大会に出たときにぶつけられるようにしたい」と前向きに捉えた。8月には大学最後の日本学生選手権(インカレ)が控えている。「今までで一番強い日大を見ていただけたら」とキャプテンらしい決意も口にした。

 TBS NEWS DIG Powered by JNN

タイトルとURLをコピーしました