池江璃花子はシーズン中でも肉体強化 「国際大会に出たときにぶつけられるように」/競泳

池江璃花子はシーズン中でも肉体強化 「国際大会に出たときにぶつけられるように」/競泳

競泳・日大・中大対抗大会(2日、東京辰巳国際水泳場)女子で日大4年の池江璃花子(21)=ルネサンス=が、400メートル自由形で4分21秒70をマークした。この種目に出場したのは池江だけで、泳ぐスタート台を間違えるハプニングもあった。今季は杭州アジア大会(中国)など出場予定だった多くの国際大会が新型コロナウイルスの影響で延期された。シーズンの真っただ中にもかかわらず、肉体強化に励み、来季につなげる考えを示した。

女子400メートル自由形の出場選手は池江一人だった。スタートコースをひとつ隣の5コースに間違えていることに気付かず、そのままスタート。持久力強化の一環で出場し、タイムは振るわなかった。

「4フリ(400メートル自由形)は引退でいいかな。周りがいなくて、どれぐらいの速度で泳げばいいのかわからなかった」

今季のターゲットにしていた6月の世界ユニバーシティー大会(中国・成都)と9月の杭州アジア大会はともに延期。落ち込んだ一方で「夏に強化できるのはこの先ない」と気持ちを切り替え、課題の脚力向上に努めた。出遅れがちなスタートやターン動作の強化に集中的に取り組んだ。

「こつこつ積み上げて国際大会に出たときにぶつけられるようにしたい」。今後は国内大会にコンスタントに出場する。パリ五輪まで2年。池江が地力を上げていく。(角かずみ)

タイトルとURLをコピーしました