須山 9位で決勝へ、18位から巻き返し「日本も若手が出てきたと印象づけたい」

 ◇水泳 世界選手権第10日(2022年6月27日 ハンガリー・ブタペスト)

 予選をカットラインギリギリの18位で通過した須山が男子3メートル板飛び込み準決勝で得点を大きく伸ばし9位で決勝進出を決めた。2回目に76・50点の高得点をマークした。

 決勝に向け「日本も若手が出てきたと印象づけたい」と力を込めた。坂井は5回目の307C(前逆宙返り3回半抱え型)でミスを犯して19・25点を出したが、12位で決勝へ滑り込み「終始苦しかった。一安心している」と胸をなで下ろした。

タイトルとURLをコピーしました