大橋悠依、400M個人メドレーで5位 谷川亜華葉は8位入賞 世界水泳競泳最終日

引用元:スポーツ報知
大橋悠依、400M個人メドレーで5位 谷川亜華葉は8位入賞 世界水泳競泳最終日

 ◆世界水泳 競泳最終日(25日、ハンガリー・ブダペスト)

 女子400メートル個人メドレー決勝が行われ、昨夏東京五輪女王の大橋悠依(イトマン東進)は、4分37秒99で5位。前回大会の同種目銅メダルに続く表彰台とはならなかったが、入賞を果たした。

 東京五輪では個人メドレー2冠を果たした大橋。今大会は、200メートル個人メドレーでは準決勝13位で決勝進出を果たせなかった。気持ちを切り替えて臨んだ400メートルでは、予選を4分39秒52の6位で通過。レース後は「自分の力を出し切ることに集中した。感情を捨てて、ただ泳ぐということをしようと思った」と話していた。

 昨夏東京五輪に高校生で出場した谷川亜華葉(イトマン近大)は、世界の舞台での初の決勝を4分44秒28の8位で終えた。この種目に出場した東京五輪では、悔しい予選落ち。最終日に今大会初レースを迎え、決勝進出を決めた予選後は「すごい不安だったけど、このレースを迎えるまでに色んなことがあって泳げるかどうかすら分からなかったけど、自分を信じ続けることができてよかった」と、安どの涙を流していた。報知新聞社

タイトルとURLをコピーしました