チームFR決勝 日本「チェス」テーマに銅も強豪ロシア不在の中で課題

チームFR決勝 日本「チェス」テーマに銅も強豪ロシア不在の中で課題

 ◇水泳 世界選手権第7日(2022年6月25日 ハンガリー・ブダペスト)

 アーティスティックスイミング(AS)のチーム・フリールーティン(FR)決勝で日本(藤井、比嘉、木島、佐藤友、鈴木、柳沢、安永、吉田萌)は93・1333点で3位だった。

 日本は「チェス」がテーマの演目で、冒頭に高さのあるリフトを決めるなど息の合った演技を披露した。銅メダルに食い込んだが、東京五輪を制したロシアは不在。銀メダルを獲得したテクニカルルーティンもロシア、ウクライナが不在だった。

 エースの吉田萌は「予選から良くなかったところを修正して、いい泳ぎができた」と振り返ったが、銀メダルのライバル・ウクライナとの差は1・8667点。一度ついた序列を覆すのが難しい競技で決して楽観できる結果ではない。

タイトルとURLをコピーしました