国際大会で相次ぐ「ロシア除外」強豪国の欠場はスポーツイベントを変えるのか

国際大会で相次ぐ「ロシア除外」強豪国の欠場はスポーツイベントを変えるのか

「そんな大会のメダルに価値はない」

 ロシア国民はそう思っているに違いない。現在、ハンガリー・ブダペストで行われている世界水泳アーティスティックスイミング(旧シンクロ)のソロで乾友紀子(31)が優勝。世界水泳のソロ種目で日本人の優勝は初めてのことだ。ロシア選手は母国のウクライナ侵攻により出場が認められず、「シンクロ王国」不在の中での金メダルだった。

 ロシア勢は陸上界からもはじかれる。世界陸連は、組織的ドーピング違反で資格停止処分中のロシア選手は潔白を条件に「中立選手」として主催大会の出場を認めてきたが、ウクライナ侵攻の影響で7月の世界陸上(米オレゴン州)を含む主催大会から除外する。

 ロシア勢は2019年世界陸上で「中立選手」として出場し、男女で6個のメダルを獲得。ROC(ロシア五輪委員会)として参加した昨年の東京五輪では金20個を含む合計71個ものメダルを手にした。ROCは今年の北京五輪でも32個のメダルを取っている。「スポーツ大国」の除外は競技の勢力図をガラリと変えてしまい、「ロシア勢が欠場する国際大会のメダルにどれほどの価値があるのか」という声があるのも事実だ。

 社会学者でスポーツに詳しい現代社会総合研究所の松野弘所長は「集団主義的スポーツを個人主義に転換する時期に来ている」と、こう続ける。

「スポーツを金儲けに利用する最たる国が米国なら、政治利用するロシアは国家ぐるみで禁止薬物を使った。スポーツ最大のイベントである五輪は『平和の祭典』と呼ばれ、クーベルタンが人間の尊厳保持に重きを置く平和な社会の推進を目指すためにスポーツを役立てようとしたが、政治権力やビジネスと強く結びついてしまった。五輪や国際大会は、国の代表選手がメダルを争うのではなく、選手個人が競い合えば政治とは無縁になる。米国選手のドーピング違反は過度の商業化が招いている。ロシアと事情は違えど、そこにも歯止めをかける必要がある」

 ロシア選手除外は国の責任が大きいとはいえ、スポーツイベントのあり方を変える契機となるか。

タイトルとURLをコピーしました