ASフリーコンビネーション 課題残る銀 強豪ロシア、中国不在

ASフリーコンビネーション 課題残る銀 強豪ロシア、中国不在

 ◇水泳世界選手権第3日(2022年6月20日 ハンガリー・ブダペスト)

 フリーコンビネーション決勝は強豪のロシア、中国が不在の中で、日本は銀メダル。優勝したウクライナとの格付けを変えることはできなかった。

 10人中6人が、ロシア、中国、ウクライナに次ぐ4位に終わった東京五輪後に代表入り。ウクライナの直後の演技で力が入り、リフトの精度を欠くなど経験不足を露呈した。調子の波も大きく、中島貴子ヘッドコーチは「改善点はある。できることはある」と奮起を促した。

タイトルとURLをコピーしました