チームTRで日本が銀 世界水泳、瀬戸ら予選突破

引用元:共同通信

 【ブダペスト共同】水泳の世界選手権第4日は21日、ブダペストで行われ、アーティスティックスイミング(AS)のチーム・テクニカルルーティン(TR)決勝で日本(藤井、比嘉、木島、佐藤友、柳沢、安永、吉田萌、吉田理)が92.2261点をマークして銀メダルを獲得した。表彰台は2大会ぶり。

 競泳予選で男子200メートル個人メドレーの瀬戸大也(TEAM DAIYA)は1分58秒29の全体3位で準決勝に進んだ。女子200メートルバタフライは林希菜(イトマンSS)が2分8秒63の3位、水口知保(セントラルスポーツ目黒)が16位で通過した。

タイトルとURLをコピーしました