世界水泳ASデュエット、吉田萌・比嘉もえ組4位「世界は簡単に勝てる場所ではないと感じた」

 【ブダペスト=岡田浩幸】水泳の世界選手権は19日、ブダペストでアーティスティックスイミング(AS)のデュエット・テクニカルルーティン(TR)決勝が行われ、吉田萌(めぐむ)(ザ・クラブピア88)、比嘉もえ(AS広島)組は89・9444点で4位となり、メダルを逃した。中国ペアが優勝し、ウクライナ組が2位、オーストリアのペアが3位に入った。吉田萌は「世界は簡単に勝てる場所ではないと感じた。今回の経験と気持ちを(次に)つなげていきたい」と語った。

タイトルとURLをコピーしました