入江陵介、萩野公介に語った“32歳で現役を続ける理由”「自分自身のためだけだったらとうに辞めている」

引用元:テレ朝POST
入江陵介、萩野公介に語った“32歳で現役を続ける理由”「自分自身のためだけだったらとうに辞めている」

開幕した「世界水泳ブタペスト2022」。日本からは、2021年の東京五輪で2冠を達成した大橋悠依をはじめ、本多灯、瀬戸大也ら18名の選手が出場する。

なかでも注目は、代表最年長の入江陵介(32歳)。実に7度目となる世界水泳でどんな泳ぎを見せてくれるのか、期待が高まる。

そんな入江に大会開幕前、リオ五輪金メダリスト・萩野公介がインタビュー。数々の栄光と挫折を経て、今なお彼が「泳ぎ続ける理由」に迫った。

◆「今も忘れられない」10年前の“ベストレース”

萩野:「自分と入江さんが初めてお会いした時のこと、入江さん覚えていますか?」

入江:「初めて会った時はイメージがないけど、めちゃくちゃ覚えているのは、2012年のロンドン五輪で一緒に代表に入って、萩野が高校生でメダルを獲った時のインパクト。部屋のグループも一緒だったし、それが一番記憶にあるかな」

選手村で同部屋だったという2012年のロンドン五輪。

当時高校3年生の萩野は、400m個人メドレーで日本男子として史上初のメダルを獲得。一方、当時22歳の入江は200m背泳ぎと男子メドレーリレーで銀、100m背泳ぎで銅メダルを獲得した。

萩野:「やっぱり日本代表の中で一番の思い出は、男子メドレーリレー。観客席から見ていたので、今も鳥肌が立つぐらい、今までで見たレースの中で一番感動しました。泳いでいる側としてはどうでしたか?」

入江:「確かに自分の中でもベストレースを選ぶとしたら、個人種目よりもやっぱりロンドン五輪の男子400mメドレーリレー。表彰台や終わった後の瞬間が今も忘れられない」

競泳最終日に行われた男子400mメドレーリレー決勝。萩野も客席から見守った。

1泳の入江は、得意の後半で一気にスパートをかける。メダルを獲得した個人種目のタイムを上回り2位で北島康介につなぐと、3泳の松田丈志、アンカーの藤井拓郎が踏ん張り、過去最高成績となる銀メダルを獲得した。

入江:「すべてを記憶しているし、レース前の僕以外の3人の選手の表情も鮮明に覚えている。タッチして銀メダルが決まった後に観客席を見たら、観客たちが飛び跳ねていて、選手やコーチ、スタッフの人たちがよろこんでいるのを見て、自分自身“チーム”というものを初めて感じた瞬間だったんじゃないかな」

タイトルとURLをコピーしました