僕の中の少年(後編)学生代表メンバーに選出されたことが人生を変えた(Bリーグ・千葉ジェッツ 藤永佳昭)

僕の中の少年(後編)学生代表メンバーに選出されたことが人生を変えた(Bリーグ・千葉ジェッツ 藤永佳昭)

前編:『期待のちびっ子スイマー』から『熱血バスケ少年』へ より続く

慣れ親しんだ神戸から福井の中学に転校し、あこがれの北陸高校に進んだこと。推薦入学するはずだった関西の大学の話が白紙に戻り、思いもよらなかった東海大への進学を決めたこと。振り返ればこれまでのバスケット人生にはいくつもの分岐点があった。その中で藤永が今でも「自分にとって一番大きなターニングポイントだった」と思うのは、大学4年次に日韓の大学生が対戦する李相佰盃の代表メンバーに選出されたことだという。

「教師になってバスケットの指導にあたる道、実業団に入って仕事をしながらバスケットを続ける道、プロとして挑戦する道、進路についてはいろいろ迷いがありました。そこで自分で決めたのは、もし自分が学生代表チームのメンバーに選ばれることがあったらプロを目指そうということです。代表チームの監督だった池内さん(泰明・拓殖大監督)から『おまえみたいな選手が必要だ』と言ってもらったとき、本当にそのとき、プロの道に進もうと心を決めました」

『おまえみたいな選手が必要だ』と言ってくれたのは池内監督だけではない。アースフレンズ東京Z(当時NBDL)の小野秀二ヘッドコーチもまた早くから藤永に熱心なラブコールを送っていたと聞く。現役時代は日本を代表するポイントガードとして知られ、ディフェンスに重きを置く小野HCの下でプレーしてみたいという気持ちに加え、渡邉拓馬、山田哲也という「僕にとっては神様みたいなベテラン」が在籍していたことも入団の決め手となった。

「おかげで希望をもってルーキーシーズンのスタートを切ることができました。アースフレンズにいたのは1シーズンだけなんですけど、成長させてもらった1年だったなあと思います。毎試合30分を超えるプレータイムをもらって、ルーキーながら自分がこのチームを牽引するんだという責任を感じました。プロとしてコートに立つ責任感は自分の財産になったと思います」

タイトルとURLをコピーしました