デフリンピックメダリスト、陸上・佐々木琢磨&競泳・星泰雅が仙台大で報告会

引用元:スポーツ報知
デフリンピックメダリスト、陸上・佐々木琢磨&競泳・星泰雅が仙台大で報告会

 5月にブラジルで行われた聴覚障害者の世界大会「デフリンピック」でメダルを獲得した仙台大出身の2選手が5月30日、同大で報告会を行った。陸上の佐々木琢磨(28)=仙台大職員=は100メートルで金メダルを獲得した。競泳の星泰雅(23)=マイナビパートナーズ=は4×100メートル自由形リレーと同メドレーリレーで銀メダルに輝いた。2人は周囲への感謝と今後の目標などを語った。

 100メートルで10秒75の好タイムをマークして日本勢初の金メダルを獲得した佐々木は「仙台大に入ってから11年、みなさんのサポートのおかげで世界一になれました」と感謝した。

 大学2年生だった13年に初めてデフリンピック(ブルガリア)に出場し、200メートルで2次予選に進出。観客席から見ていた100メートル決勝で、優勝したウクライナのミコラ・ノセンコの走りに心を奪われた。地道な練習を重ね、今大会の決勝では2人が隣のレーンになった。順位も分からないほど無我夢中で走りトップでゴールした直後、3位だったノセンコから国際手話で「世界一だよ」と教えられて鳥肌が立った。「彼に勝ちたいと思って世界を目指した。本当にうれしかった」

 ノセンコはロシアの侵攻を受けて隣国ポーランドへ避難。その後はスペインで練習を積んで大会に臨んでいた。レース前に佐々木が状況を聞くと「心配する必要はない。お互い世界一に向けて頑張ろう」と答えたという。「故郷に帰りたい気持ちもあったと思うけど、普通に接してくれた」。互いに競技者として全力を出し尽くした。

 今後は健常者の日本選手権(9~12日、長居)で、デフオープン種目として行われる100メートルや4×100メートルリレーに出場予定。「ここで1位を取りたい。デフの世界記録(10秒21)も破りたいですね」。金メダルは、まだ通過点。日本が招致を目指している25年のデフリンピックで、連覇に挑む。(岩崎敦)

 〇・・・競泳のリレーで2つの銀メダルを獲得した星は、周囲への思いを語った。東北高からの進路に迷っていたころ、同じ聴覚障害者の佐々木が仙台大で活躍していることを知った。「練習に打ち込める環境だったことや、勉強のサポートもしてもらえる」と進学を決めた。

 仙台大では聴覚障害者に対して、授業で健常者の学生が隣に座ってノートを取る「ノートテイク」というサポートを実施。手話講座も開かれるなど理解が進む環境に「遅れず授業についていけました」と感謝した。体育学科で体の仕組みを勉強することで、自然とタイムも伸びたという。

 佐々木とは「同じ障害の先輩なので悩みごとも相談できる。たわいもない会話をすることで、心に余裕ができました」と明かした。ブラジルでは自身が先にメダルを獲得すると「おめでとう。自分も世界一を取るから見ていて」と伝えられ、数日後に金メダル。「有言実行ですごい」と感動した。

 昨春の卒業後は社会人になり、平日は働きながら競技に打ち込む毎日。「ここまで頑張ってきて良かった。努力が報われた感じがします」と満面の笑みを見せた。報知新聞社

タイトルとURLをコピーしました