平野ノラ、日本バレー協会の評議員に新任へ

平野ノラ、日本バレー協会の評議員に新任へ

 日本バレーボール協会は30日、2026年までの評議員を選任したと発表した。24人の評議員の中には、タレントの平野ノラ(43)も名を連ねた。平野は学生時代バレーボールに打ち込んでいたという。

 協会は4月21日から5月9日にかけて、3度の評議員選定委員会を開催。審議の結果、6月17日に開催が予定されている定時評議員会の終結より、就任する。平野は新任で、任期は2026年6月開催の定時評議員会集結まで。

 評議員24人はそのほか、日本陸上競技連盟会長などを務める尾県貢氏(新任)、ソウル・バルセロナ五輪を経験した佐藤伊知子氏(新任)など。競泳のパラリンピアン・成田真由美氏(新任)も名を連ねている。

タイトルとURLをコピーしました