入江陵介「メダルのチャンスある。もう1度表彰台に上りたい」水泳世界選手権へ意欲

引用元:日刊スポーツ
入江陵介「メダルのチャンスある。もう1度表彰台に上りたい」水泳世界選手権へ意欲

東京オリンピック(五輪)競泳日本代表の主将を務めた入江陵介(32=イトマン東進)が19日、6月開幕の世界選手権(ブダペスト)へ向けて手応えを口にした。

7大会連続出場となる今回は、200メートル背泳ぎは回避。日程的にも精神的にも余裕が出ることで、100メートル背泳ぎなど他の種目に好影響が及ぶと意気込む。練習も順調に消化しており、「メダルのチャンスはあると思っている。もう1度表彰台に上りたい」。

4月の日本選手権では100メートル背泳ぎを52秒88の好タイムで制して9連覇。世界選手権では「52秒台中盤を目指したい」。今季のベスト更新を目標に掲げた。

9月に予定されていたアジア大会(中国・杭州)が延期されたことについては「パリ五輪を本格的に見据えているわけではないが、世界水泳後にリセットし、ゆっくり考える時間ができた」と話した。

タイトルとURLをコピーしました