東京パラリンピック銅メダルを経てアジア記録保持者へ、堀越信司が見据える5大会連続パラ日本代表

引用元:4years.
東京パラリンピック銅メダルを経てアジア記録保持者へ、堀越信司が見据える5大会連続パラ日本代表

今回の「M高史の陸上まるかじり」は東京パラリンピック男子マラソン(T12)で銅メダルを獲得された堀越信司選手(ほりこし・ただし、33)のお話です。目白大学からNTT西日本陸上競技部で競技を続け、北京、ロンドン、リオデジャネイロ、東京とパラリンピックで4大会連続日本代表。東京大会で念願のメダル獲得となりました。

中学で寮生活、陸上生活もスタート

長野県出身の堀越選手。生まれてすぐ目の手術をされたそうです。「出生時より遺伝で目の網膜にガンができる病気でした。右目に関しては手遅れでガンが転移しないうちに摘出しまして、左目は発見が早くてギリギリ弱視で視力を温存することができました」。幼少期は見えている状態が分からないまま、自分が障がいがあるという認識があまりなかったと言います。

小学校に入ると「周りと違うなと少しずつ分かってきました」という堀越選手。小学校では地域のスイミングスクールに通っていました。

中学は筑波大附属盲学校(現・筑波大附属視覚特別支援学校)へ。「視覚障がいを持っている児童に合わせた勉強ができるため」ということで中学生ながら親元を離れて寮生活となりました。

中学から陸上部に。「最初はモーリス・グリーン選手に憧れて短距離をやりたかったのですが、恩師・原田清生(すがお)先生に長距離を勧められました」。走るたびにどんどん速くなっていくのが魅力と堀越さんは言います。

高等部に進んでからも陸上を続け、記録も伸びていきました。「今の日本パラ陸上選手権に高校から出始めて、記録も伸びていきました。当時のT13の日本記録を更新できたのは嬉(うれ)しかったですね。先生にほめてもらったことあまりなかったのですが、その時は相当喜んでくださいました」と記録も伸び、恩師にも恵まれた中学、高校時代を過ごされました。

夢から目標へ! 北京大会で初のパラ代表に

高校卒業後は目白大学へ。「目白大学には当時、陸上部がなくて自分で作って活動をしていました。途中で埼玉の方のキャンパスに陸上部ができたと聞き、そちらに通ったりもしていました」

余談ですが、目白大学と言えば芸人でカンボジアマラソン代表・猫ひろしさんの母校でもあります。陸上部がなかったところから始まった目白大学からマラソンでオリンピック選手もパラリンピック選手も誕生するとは、驚きですね!(猫ひろしさんがマラソンを本格的に始めたのは芸人さんになられてからですが)

さて、大学1年生で迎えた2007年12月の東海大記録会が堀越選手にとってきっかけのレースとなりました。「1500mで大幅に自己ベストを更新し、北京パラの標準に近いタイムを出せたんです」。2008年3月までに標準記録を切れば代表入りできるということもあり、初めてパラリンピックを意識して今まで以上に練習をするようになりました。

「それまでは夢としてパラリンピックに出られたらいいなという思いは持っていました。高校1つ上の先輩が水泳でパラに出場していたので憧れもありました。標準が見えてきて、夢じゃなくて目標として頑張ろうと思えるようになりました」。その後、北京パラの標準記録を突破。パラリンピック代表入りを決めました。

北京パラには1500mと5000mで出場しました。今までT13のクラスだと思っていた堀越選手ですが、大会前のチェックをしたところT12クラスとなりました。

以下、クラス分けのおおよその目安。詳しくは日本ブラインドマラソン協会WEBサイトを参照ください。

T11 全盲、1人で走行できない、ガイドランナーは必須、公平性を保つためアイマスクを着用

T12 弱視、1人で走ってもいい、必要に応じてガイドランナーをつけてもいい

T13 弱視の軽いクラス、ガイドランナーをつけてはいけない

それまで堀越選手は正式なクラス分けのチェックを受けたことがありませんでした。「自分の場合はなんとかギリギリ1人で走れるますが、希望すればガイドランナーもつけることができます」。クラス分けやカテゴリーについても思うことがあります。

「いろんな障がいによってできることできないこと変わってくるので、同じ土俵で戦えるか考慮して、障がいを持っているアスリートが自分のできる範囲で最大限パフォーマンスを発揮できるようにするにはどうすればいいかという仕組みがクラス分けだと思います。障がいがあって、どうしてもあれができないこれができないといった点に目がいきがちですが、工夫すればできることはたくさんあります。むしろ、自分が障がいを持って生きている中でもできることをどんどん見つけて、工夫さえすればできることがあるというイメージを発信していきたいですね!」

初のパラリンピックの舞台は「緊張しすぎて食事もあまり食べられなかったですね。地球の自転を感じるくらいフラフラしました(笑)。スタジアムの大歓声に圧倒されて、自分の走りをさせてもらえなかったです。2種目とも予選落ちでした」。まさに地に足がつかないという状況を身を持って体験されました。

それでも「あの経験があったので、今は普通に大きな舞台で、多少緊張があっても動じずに競技に打ち込めますね! 負けて悔しかったですが、世界と戦う思いがもっと強くなりました」とさらに強くなるための跳躍台となりました。

また、大学3年生の夏から卒業までは、関東にある大学の陸上同好会の長距離有志で作った「韋駄天ドリームズ」というチームの練習にも参加し、仲間とともに切磋琢磨(せっさたくま)をしてきました。「自分よりも速い仲間と一緒に練習させてもらうことで大学3年、4年の成長につながりましたね」。今でも親交があり、応援してくれる大切な仲間です。

タイトルとURLをコピーしました