競泳・アジア大会代表に池江璃花子が選出 15歳成田も背泳ぎで追加選出

競泳・アジア大会代表に池江璃花子が選出 15歳成田も背泳ぎで追加選出

 日本水泳連盟は2日、9月のアジア大会(中国・杭州)の代表選手の追加を発表した。1日まで行われた日本選手権で3冠した池江璃花子(21)=ルネサンス=は自由形とバタフライで内定が決まった。

 また、女子200メートル背泳ぎで初の日本一に輝いた期待の新星・成田実生(みお、15)=金町SC=は、すでに内定していた個人メドレーに加えて、背泳ぎでも追加選出。これでアジア大会選手団は合計38人となった。

タイトルとURLをコピーしました