ラグビー→陸上で東京パラ銅 名古屋学院大・大島健吾、大学4年間で感じた人間性の重要さ

引用元:THE ANSWER
ラグビー→陸上で東京パラ銅 名古屋学院大・大島健吾、大学4年間で感じた人間性の重要さ

 一般社団法人大学スポーツ協会(UNIVAS)は3月28日に「UNIVAS AWARDS 2021-22」のオンライン表彰式を開催。競技成績のみならず、学業充実や安全安心、大学スポーツの盛り上げ等に著しい成果を挙げ、協会の理念の体現に貢献をした学生アスリートやスポーツに関わる学生、OB・OG、指導者、団体を表彰した。昨夏の東京パラリンピックの陸上400メートルユニバーサルリレーで銅メダルを獲得した大島健吾(名古屋学院大4年)は特別賞を受賞した。(学年は表彰当時)

 東京五輪・競泳男子200メートルバタフライで銀メダルを獲得した本多灯(日大)とともに壇上に上り、UNIVAS副会長の元マラソンランナー・有森裕子さんから記念のメダルを受け取った。大島は「このような賞を頂けたのは多くの人の支えがあったから。(後輩には)いろんな人の力を借りられるような人間になって、成長していってほしい。僕自身ももっともっと強くなっていくので、一緒に頑張りましょう」と笑顔を見せた。

 今年3月で名古屋学院大を卒業。瀬戸西高(愛知)時代はラグビー部に所属し、生活用義足のままプレーしていたが、高2の頃に参加したパラリンピック選手の発掘プログラムがきっかけで、大学から陸上を始めた。競技用義足の存在を知った時の「これを履いたらどれだけ速く走れるんだろう」とのワクワク感は今も覚えている。

 入学直後は気合で思い切り走ればタイムが出ると勘違いしていたが、ラグビー時代に鍛えた筋力は偏りがあった。フォームに癖も出て「バタバタした走り」になり、スピードが出ず。なぜ遅いのかを理解することから始まり、ようやく形ができたのは大学3年の頃。パラリンピックが1年延期になったからこそ、大島は銅メダルメンバーになれたと感じている。

大学スポーツで身に染みた人間性の重要さ

 東京2020大会では、障がいの種類が異なる4人の選手による新種目・ユニバーサルリレーにも出場。生まれつき左足首から先がない大島は、第2走者で貢献した。「道具を使っているスポーツなので、まだまだ限界を破れるし、記録を伸ばせる。そこが今、本当に楽しい」。大学スポーツ界で成長してきた中で、身に染みて分かったのは人間性の重要さだ。

「挨拶、整理整頓がきちんと出来ている人って『力を貸してあげたいな』と思われる人間だなと。僕も多くの人の力を借りた結果、パラでメダルを持ち帰れた。自分が何をしなければならないのか、どういう選手でいなければいけないかを実感したし、それを通じて人格形成やいろんなことを知っていくので、障害がある子たちに伝えていくのも僕の仕事の一つだと思いました」

 卒業後も名古屋学院大に所属し、講演会などのイベント、大学のPRでも貢献する。今年の目標は自身が持つ100メートルのアジア記録11秒37を更新し、10秒台を出すこと。将来的には世界記録の更新と、一般の日本選手権出場を目指す。

 今後、大学で部活動に励む学生に対しては「大学は自分主体でやらないといけないけれど、チャレンジしやすい環境。武器や個性を突き詰めて、お金をいただいたり、人を集めることだってできると思うので、学生のうちに武器を磨き、いろんな人にサポートしてもらう経験をしてほしいです」とエールを送った。THE ANSWER編集部

タイトルとURLをコピーしました